• 東大生が教える高田馬場のコーチング特化型個別指導塾。医学部進学コース生募集中!まずは、無料体験から!

医学部進学コース

シンカライナーならではの医学部受験対策

Method01

東大生が
教えるから受かる!

「大学受験の絶対王者」である東大生は、全員が私大医学部にも合格できます。シンカライナーでは東大生の「ノウリョクとノウハウ」を受験生に伝授します。また、つい最近まで受験生だった東大生が教えるので、受験生と同じ目線に立ちつつ、問題を乗り超える方法や最新の受験情報もお伝えします。

Method02

授業をしないから
受かる!

シンカライナーは授業をしません。実際東大生に聞いてみても、「授業よりも自学が大事」という人がたくさんいます。講師陣の知識や経験をもとに、各個人に最適なスケジュール、カリキュラム提供しますので、受験生は安心して勉強に集中することが出来ます。

Method03

ターゲットを
絞るから受かる!

同じ医学部でも国立大学と私立大学では受験する教科数・必要到達レベルが違いますし、さらに私立医学部にもそれぞれ傾向の違いがあります。受験で大事なのは「全てにおいて満点を取れる学力」ではなく、しっかりとターゲット校を絞った上での「入試で、全教科合計で合格点を取れること」です。

Method04

「自学・演習+個別指導」
だから受かる!

受験において重要なことは「点を取る」ことです。「わかる」と「できる」は違います。間違った問題を「本当は分かっていたのに」と思ったりすることはよくあります。自学でインプットしたことを演習でアウトプットする練習をし、個別指導で自分一人では気づけないアウトプットの弱点やミスの原因を解消。学習効率を最大限に引き出します。

シンカライナーの医学部攻略法とは

問い合わせ特典

今なら東大個別指導3回無料
入塾すれば10回無料

受講スタイル

自学・演習

計画した個別カリキュラムに従って自学・演習を行う時間です。進行状況に合わせて適宜テストを実施します。毎回のテストで設定目標にたどり着くことを目指します。

個別指導

プロ講師や東大生をはじめとした大学生講師の指導で、苦手教科や苦手分野を克服しましょう。学習そのものだけでなく、気分転換のコツや休日の過ごし方など、受験の先輩たちから有益なアドバイスを受けることができます。
※学力、進捗状況をもとに必要な分個別指導を受講できます。
詳しくはこちらから

講師インタビューを読む

学習内容は個別にカスタマイズ

シンカライナーでは、

①合格のために必要なカリキュラムを個別に提案②学習計画に合わせて自学自習③月20回の個別指導で学習目標達成

この繰り返しで合格まで導きます。
細かな目標設定とマンツーマン指導によるオーダーメイドカリキュラムです。

月謝

入会金

500,000
円/入会時

初回のみお支払い頂くもの

教材費・施設利用料を含みます。

月謝

200,000
円/月

毎月お支払い頂くもの

カリキュラム指導・管理

個別指導20回/月

個別指導追加

6,000
円/コマ

オプション

要事前予約
土日・当日予約は要相談

*表記は全て税別価格となります。

  • 月謝は月末に翌月分をお振込みいただいております。
  • 個別指導追加分の指導料は、追加のあった月の月末支払い分に加算となります。

東大生講師へのインタビュー

C.H先生 (東大理Ⅱ)

自学自習について教えてください。

自学自習を進めていく上では、自主的に勉強ができたり、自分で問題を解いたら、わからないことを把握してそれをしっかりと理解するところまでが大切で、それが出来る人にとっては最適だと思います。

ただ一方で「宿題をだされたからやりました」というだけでは、それは自学自習とは呼べないのではないでしょうか。

例えば宿題を行なって、丸付けをしますよね。そして何が正解で何が間違っていたかを把握する。間違っていた箇所については、なぜ違うのか、自分がどんな勘違いや、ミスをしているのかをまずは自分で考えることができるといいですね。

どういう考え方が正しいのか、どうすれば答えを出せるのか理解できるなら、さらに勉強を進められますし、もしわからなければ、シンカライナーに来るときに確認していただけたらと思います。

ほんとにその通りだなと思います。でも皆さんが、なかなかそうできないというか、そこまで意識していないのではないでしょうか。そこで差がつくんでしょうね。

宿題をやっつけ仕事というか、とりあえずやって丸付けはしない、あるいは宿題をやってこないとか(笑)そういう子にはどう対応されていますか?

はい(笑)なるべく生徒と相談しながら、適切な宿題の内容や分量を出すように心がけてますし、自学自習のスキルを手にしてもらいたいなと思います。

勉強が苦手な人や頑張りたくても、なかなかやり方がうまくわからない方もいると思いますが、そういう人たちに対しては講師としてどんな風に接しますか?

まず個人的な体験から思うことは、自学自習はしっかりとした勉強習慣をつけることが大切だと思います。毎日決まった時間、勉強をすると決めたら、それをコツコツ積み上げるように自学自習を続けていったほうがいいと思いますね。

あとその人の現状を詳しく聞いて、なぜ勉強がうまくいっていないのか聞きます。例えば集中力が続かないということであれば、勉強時間を細切れにするという方法もありますし、勉強する環境が整っていないということであれば、シンカライナーには自習ブースがあり、勉強法を教えてくれる人がいたりするので、そこで不足を補ってくれたらいいと思います。

最後にシンカライナーの生徒に向けて何かメッセージをお願いします。

シンカライナーは、環境が整ってると思います。個別指導ですが、自習ブースもあり、問題集も揃っており、何でも質問できる講師もいます。教室長もほとんど毎日いて相談に乗ってくれます。そういう環境をうまく活用してもらえたらいいなと思いますね。

Y.H先生 (東大医学部)

(予備校を辞めたことについて)それは自習のためだったんですよね?

そうですね。当時の僕にとってはですけど・・・。ただ授業を聴くのは時間の無駄だと感じていましたので(笑)

シンカライナーは、「自学自習と個別指導」という指導スタイルをとっていますが、自学自習のメリットは、なんだと思いますか?

うーん、そうですね。まぁ一番は「楽しい」というのが一番だと思いますね。僕は勉強が楽しいというつもりはないんですけど、いかにその楽しくない勉強を少しでも楽しくするかというのが大事だと思っています。勉強が好きな人はそれでいいのですけれど、僕は野球が好きでしたし、まぁゲームが好きな人もいると思いますし、そういう自分の好きなものと比較して勉強を少しでも楽しくするには、ぼくはやっぱり「自分で考えて、自分でわかった」という楽しみが必要だと思います。

なるほど、深いですね。
今は個別指導の講師をしてもらっていますが、個別指導ってどんな風に活用したらいいと思いますか?

うーん、教えてても難しいなと思うことがありますが「教えちゃうと、そこで終わってしまう」というか、自分で考えることがすごく大事だとは思うので、安易に答えを教えてもらわないことも大事かなと、思います。

「教えすぎない」ことを大事にしてるということですが、普段どんなことを意識しながら授業していますか?

僕はとにかく「考えている人を邪魔しない」ですね。あとは勉強が楽しくなる無駄知識を伝えることです。(笑)

僕が実際の入試で点数を何点伸ばせてあげているのかはわからないですけど、「勉強つまんない」というのを軽減してあげられてはいるかなと、思います。そしてそれが結果として、点数が上がるということにも繋がっていると、いいかなとは思いますね。(略)

そうなんですね。そういう想いを持ってくれていて、嬉しいです。最後に受験生や生徒に向けたメッセージが欲しいのですが、何かありますか?

うーん、そうですね、「大学がゴールじゃないですよ。」と、そこに尽きますね。
僕は受験の時に、ここで一生が決まるからと思って、本当に一生分の勉強をしたと思ってるんですね。その結果たしかに学歴を使うことはできるとは思うんですけど、でも本当に大事なことって医者になってから努力することだったり、ひたむきに患者と向き合うことで、東大医学部に受かることではないと今は思っています。

*スタッフ写真はイメージ画像です。

H.H先生(東大文学部)

(受験期)自習はどんな風にしていましたか?

僕は自分の部屋で勉強するのが合っていて、それが一番はかどってましたね。友だちと一緒に勉強するというのがちょっと苦手で。友だちと一緒だとせっかく集中してても休憩のペースを合わせたりしますから。一人だと休憩したいときに休憩できますし、集中しているときは邪魔されずに没頭できるし、一人で勉強するのがいいなと思っていました。

H.H先生 東大文学部

自学自習のメリットですね。

そうですね。あとは、やっぱり教えてもらうことも大事だと思いますが、勉強は自分の頭で考える時間を持って、あれこれ試行錯誤する時間が大事だと思います。

H.H先生 東大文学部

それをやるから力がつくんですよね。
今、個別指導を担当してもらっていますが、大事にしていることはありますか?

集団授業と違って、ひとりひとり生徒に柔軟に合わせる臨機応変さが必要だなと思いますね。ひとりひとりの生徒と人間関係を大切にしたいと感じています。
あとは生徒によって、一番伝わりやすい教え方は違ったりするので、なるべく生徒が何を理解できていないのか、どういう気持ちなのかを理解しようとしています。
生徒に感情移入して、気持ちを理解してから伝えようと思っていますね。

H.H先生 東大文学部

生徒には個別指導のどんなところを活用してほしいですか?

やっぱり自分の学習ペースに合わせてもらえることや何でも質問できることですね。
シンカライナーは毎回同じ講師が個別指導にあたるので、指導する過程で生徒も気づいていない長所や苦手なところを伝えることができたり、継続して取り組まなければいけない課題に取り組めたりすることもメリットだと思います。

H.H先生 東大文学部

たしかに、それはシンカライナーの特徴ですよね。
受験勉強を通して得られたものを教えてもらえますか?

そうですね。受験勉強を通して得られることは考える力だと思います。
世の中にいろいろな情報がある中で、その背景にある積み重ねられてきたものを吟味することが出来るようになると思います。
偉い人が言っているからと言って、正しいわけでもないし、間違ってるわけでもない。まずは人の話をちゃんと聴いて、その上で自分で考えて判断する力を身につけられたように思いますね。

H.H先生 東大文学部