本日のお勧め参考書

本日は英語お勧めの参考書を紹介します。

旺文社から出版されている、スクランブル英文法・語法Basicです。

大学受験用のテキストとしてネクステージや、ヴィンテージが有名ですが、文法網羅系の問題集と解説のセットですね。

文法、語法、イディオム、会話表現、語彙、発音アクセントの単元に分かれています。

スクランブルは、元々上記の2冊分ぐらいのボリュームがあるのですが、それをセンター試験レベルまでのレベルで整理したものです。

文字数も多く、文字の大きさもかなり小さいので見辛いので、重要な所が分かりづらいのですが、これは必要なエッセンスが凝縮されていて文字も多くお勧めです。

中身も、情報が少ない訳ではなく詳細まで読み込めばGMARCHレベルでも十分対応出来る内容になっています。

これを十分にマスターすれば、スクランブルに取り組んでBasicに無い表現を覚えるだけでかなりのレベルまで到達出来ます。

学校で文法網羅系に取り組んでいる所はそれを頑張りますが、配られてはいても取り組んでいない生徒にはこれをお勧めしています。

文法は、まず重要な頻出の単元をマスターしてから、それより難しめの表現を覚えていくのが効率が良いです。

文法の理解は以前紹介した『歌って覚える英文法』で済ませ、より難しめの表現はこちらの本等で着実に覚えてゆきましょう!

2018-12-10T22:41:45+00:002018年12月10日|