受験生の皆さんへ

○シンカライナー代表より 受験生の皆さんへ

僕が高校生のとき「自分が生まれてきた理由は何だろう?将来何をしたいんだろう?」という疑問が頭にありました。自分のこともよくわからないまま、大学で専門的に何かを学んだりするには早すぎるような気がしたのですが、「大学に行くことは当然のこと」という雰囲気が高校にも家庭にもあったし、ちゃんと受験して大学に行ったほうがリスクがないような気もして、この疑問については、結局それほど深く考える余裕もなく、僕も周囲と同じように一生懸命勉強し、進学しました。大学受験という選択が間違っていたとは思いません。その時点で、自分なりのベストの選択をしたし、(疑問を持ちながらも)全力を尽くせた経験は何物にも代えがたいと思っています。大学に行くと時間はたっぷりあったので、この疑問についてはその後も考え続けることになりました。そしてその過程の中で色々な叡智を学び、最近になってやっと、その答えを見つけた気がしています。思えば随分時間がかかりましたし、もし今高校生に戻れたらどんな選択をするかな、と思いを馳せたりします。
そういう体験を経て、シンカライナーを通して僕が実現したいことは、これまで得た学びを皆さんと分かち合うことで、皆さんの自己探求をサポートし、それぞれに生まれ持った才能と可能性を最大限発揮してもらうことです。「自分の本当にしたいこと」と勉強が直接関係してくれば、心はワクワクするだろうし、勉強の壁も乗り越えやすくなると思います。受験という期限付きの壁の前で、どうしても自己探求や自己表現の時間は限られてしまいますが、うまくバランスを取りながら学びを進めていければいいですね。
とはいえ特にこの時期、受験生の皆さんに言いたいことは、受験をすると自ら選択したのであれば、一旦そういった疑問は端におき、目の前に近づいて来ている試験対策に全てを注ぎましょう。もしかすると僕が高校生の頃のように疑問を持っていたり、あるいは不安を抱えているかもしれませんね。あまり努力をしてこなかったので半ば諦めている人もいるかもしれません。しかし、今からでも決して遅すぎることはありません。気持ちを整えて、今自分の持っているものをすべて出し切ることに意識を集中してみましょう。結果を案じるよりも、自分に負けないこと、本気で全力を出すことにこだわって、これからは1日18時間勉強するつもりで臨みましょう。(睡眠は24時までに就寝、6時起床をしっかり心がけましょう。)試験後、すべてを出し切ったと思えたら、気持ちはすっきりして、必ず希望が見えてくると思います。あと少し「本気」で頑張りましょうね。

2018-02-16T12:11:39+00:002018年2月16日|