月別アーカイブ: 6月 2017

塾報 2017.5

五月になりました。今年の連休はリフレッシュできましたでしょうか?塾生の中には、連日問題集に取り組んでいた生徒もいたようです。一方、やるべきことはわかっているけれどなかなかやる気が出ない、という声も聞こえてきます。改めて自分の目標に立ち返り、気持ちを新たに日々の勉強に取り組みましょう。 ◯今月の教室 ■シンカライナー・ワークショップ第2回を開催します! 5/28(日)に、第2回シンカライナー・ワークショップを開催します。今回のワークショップは、ゲストスピーカーによるインドネシアにある「緑の学校」についてのレクチャーと、持続可能な社会の仕組みについて楽しく学ぶゲームの2本立てです。みなさんが毎日通っている学校はどんな場所ですか?みなさんはそこでどんなことを学んでいますか?今世界では、社会にある様々な課題に挑む子どもたちを育てるユニークな教育を行っている学校があります。今回のワークショップではゲストをお招きし、今注目を浴びているインドネシア・バリ島の「緑の学校」についてお話ししていただきます。林に囲まれ、川が流れているこの学校。子どもたちがどんなことを学んでいるのか、いっしょに見てみましょう! また、ゲームをしながら社会の仕組みについても楽しく学んでいきます。ゲームを通して、今国連が中心となって推進している、世界をよりよくするための目標についてもいっしょに学びましょう。 日時:5月28日(日) 13:00〜17:00  場所:シンカライナー 参加希望の方は、塾に来た際に講師にお声がけください。またメールでの申し込みも可能ですので、info@xincaliner.comまでお願いします! ■今月のワークショップでご紹介するGreen School、こんな学校です インドネシアのバリ島に、今世界中から注目されている学校があります。その名も「Green School」。東京ドーム約1.7倍の敷地にあるキャンパスは緑に囲まれ、川も流れています。生徒たちが学ぶ教室やカルチャーセンターになっている建物、川に架かる橋はすべて竹でできており、その環境に配慮したユニークなデザインも話題を集めています。 2008年に90名ほどの生徒とともにスタートしたこの学校では、現在世界中から集まった400名ほどの子どもたちが学んでいます。この学校では、持続可能な社会をつくるための教育が行われており、子どもたちは数学、科学、社会学、文化学だけでなく音楽や演劇、農作業などの課外活動を通して幅広い知識の吸収を目指しています。また内外からのゲストスピーカーによるレクチャーも行われるようです。 このサステナビリティ教育に力を入れた「Green School」、ミッションは「21世紀を生きる子どもたちに“地球人”としての責任を全うする力をつけさせること」。次の時代に対応できるような新しい教育の取り組みは、今世界中で始まっているのですね。 ◯「教育」耳寄り情報 ■アクティブ・ラーニング② 主体的に自らの学びを切り拓くスキルを身につけるためのアクティブ・ラーニング。前回はこの学びの目的と、これからの時代に求められる能力やスキルを見ていきました。 今回は、このアクティブ・ラーニングを取り入れている学校では授業のなかで実際にどのようなことを行い、また生徒たちはどのようなことを学んでいるのか、アクティブ・ラーニングについて書かれた本『ひとはもともとアクティブ・ラーナー!』で紹介されている事例を辿りながら、いっしょに見ていきたいと思います。 以下、全国各地にある高校で実際に行われている授業の内容です。授業のポイントとともにご紹介します。 ◇国語・古文(高校2年/東京都) 【ペアワーク、個人ワーク、グループワークを組み合わせた古文の授業】 授業が始まるとペアをつくり、まず前回の内容を1分間で相手に伝える。その後、ペアのまま文を音読。先生が物語の内容について補足・説明した後、個人で穴埋め問題のワークシートに取り組む。 答え合わせをしたら、グループワークへ。4〜5人のグループを作り、文章のなかからキーワードを選び、それについて話し合う。最後に振り返りを行う。 ☆ポイント☆ 作業を始める前に、自分の役割をワークシートに記入する。「〇〇することで、このチームに貢献する」という目標を、各自で決めて記入する。そして授業の最後に、この目標が達成できたかどうか確認する。目標の設定と振り返りをすることによって、生徒が自分の役割や目標を意識し、主体的に授業に参加できるようになる。 ◇数学(高校1年/静岡県) 【ICT(タブレット端末などの情報通信技術)を活用した、最大限考えるための授業】 黒板にスクリーンがセットされ、授業開始。体育祭恒例の綱引きを素材に「場合の数の数え方」の授業。前回の授業の振り返りを行った後、今日の問題がスクリーンに投影される。グループを作り、問題をグループで解く。全体での答え合わせと、グループごとの振り返りをする。授業のまとめと、個人での振り返りをする。 ☆ポイント☆  ICTやスライドを使うことで板書の時間をなくし、生徒の考える時間、対話する時間、書く時間を確保しながら授業の密度と質を高めていく。個人で問題を考えた後、まわりの生徒と対話したり、発表したり、他の生徒からの質問に答えたり、教師から追加の問いを与えられたり、という過程のなかで、一人で考えることと対話することの両方を意識させる。 ◇地理歴史(高校1年/兵庫県) 【個人思考とグループ学習を組み合わせた、問題に対する解決策を構想する授業】 最近の気になるニュースを発表し合うところから授業スタート。今日のテーマは「熱帯林の破壊」。先生が配布するワークシートに、熱帯林の破壊状況を書き込む。その後グループ学習へ。 熱帯林の破壊状況をふせんに書き、黒板上の大きな世界地図に貼る。地図から読み取れることを話し合い、グループのリーダーは内容をホワイトボードに記入し、最も重要な箇所にアンダーラインを引く。最後に、熱帯林破壊の解決策の秘訣を個人でワークシートに記入する。 ☆ポイント☆ 教員が授業の「まとめ」をせずに、生徒一人ひとりが考えを深められるようにする。グループ学習は目的ではなく過程。個人での作業やグループでの作業を通して、それぞれの生徒の理解している内容や考察自体を評価する。 いかがでしょうか?こんな授業が受けられたら、「勉強」しているという感覚を忘れて内容にのめり込めそうですね。今回は3つの事例をご紹介しましたが、アクティブ・ラーニングを取り入れた授業は全国の学校で行われているようです。それぞれの事例を見てもわかるように、授業の進め方に決まった方法はありません。しかし、学び手である生徒一人ひとりが何を、どんな目的で学んでいるのかを意識させ、より主体的に授業に参加できるように工夫されているところは共通しています。この工夫によって授業は活性化され、生徒は受け身ではなく自ら学びたいという意欲を高めています。このような活発な学びのなかに、わたしたちが日々学ぶためのヒントも隠されていそうです。 参考文献:山辺恵里子・木村充・中原淳(2017)『ひとはもともとアクティブ・ラーナー!』北大路書房 ◯今月の一言 過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。大事なことは、何も疑問をもたない状況に陥らないことである。——アインシュタイン(ドイツ生まれの理論物理学者)

2018-02-16T12:19:32+00:002017年6月2日|

塾報 2017.4

新学期が始まりました!新しい学年、新しいクラス、新しい学校。今年度はどんな一年にしていきたいですか?新年度は目標を立てたり、計画を見直したりするいい機会です。やりたいことを実現できるよう、そして目指しているものに近づけるよう、自分なりの計画を立ててみましょう。もし計画を立てるのが苦手だ、どんなことを目標にしていいのかわからないという人がいたら、いつでも相談に乗りますので講師に声をかけてくださいね。 ◯今月の教室 ■シンカライナー・ワークショップ第1回を開催しました! 4/8(土)に第1回目のシンカライナー・ワークショップを行いました。この日のプログラムは、「考える力とやり抜く力を身につけよう!」と題して、普段数学を教えている久和講師によるガイダンスをメインに、在塾生による楽器演奏、海外から招いたゲストによるプレゼンテーションなどを盛り込んだ内容でした。 まずはシンカライナーに通っている森君によるバイオリンの演奏でスタート。クラシックの名曲や往年のポップスの演奏に参加者全員聴き入ってしまいました。森君、素敵な演奏ありがとうございました! 次は、代表・宇野の友人で、南アフリカ出身、現在日本で働いているニコラスさんに、南アフリカについて教えていただきました。Google Mapを開いて南アフリカの地図や写真を見ながら、国の歴史、文化、ニコラスさんの夢についてお話ししていただきました。南アフリカの主な輸出品や、日本とのつながり、歴史にも話が及び、普段日本史や世界史を勉強している塾生の知識が試されることになりました。ニコラスさんは日本で英語を教えた経験があり、将来、南アフリカで学習塾を開くのが夢だそうです。 そして、「考える力とやり抜く力」を身につけるガイダンス。思考力については、「考える」と「悩む」の違いをディスカッションしながら「考える」とはどういうことなのかを学びました。やりきる力については、「GRIT」をキーワードに、一流のアスリートやビジネスマンがみなGRITを持っていること、そして生まれながらの才能ではなく鍛えることができることを学び、普段の勉強で「やりきる」ことを意識してGRITをするように指導しました。 初めてのワークショップでしたが、みな真剣に聞いてくれていて、「どうやったら頭がよくなるのか」ということが非常に需要のあるテーマだということを肌で感じました。次回もぜひ参加してみてください! ☆ワークショップに参加した生徒の声 ・今僕には具体的なゴールが特にないので、まずゴールを立てたい。 ・自分の中に「達成しよう」という意思はあるのにそれを実行しない自分がいるのでそれをどうにかしたい。 ・「考える」と「悩む」ことの違いについて今まで分かっているつもりだったが、実際考えてみると分からなかった。これからは「考える」ことを意識してGrit(やり抜く力)を鍛えていきたい。 ・勉強に限らず、「悩む」で止まるのではなく「考える」ことをして「答え」を導けるようにしたい。 みんなそれぞれ何かを感じとってくれたようです。次回のワークショップもお楽しみに! ■私立受験コース 始動 四月より、私立大学を志望する生徒を対象とした受験コースの授業が始まりました。週3回、英語、国語、その他の科目の演習を行っていきます。受験までの大まかな計画としては、夏まで(4〜8月)にはまず基礎固め。英語に関しては、単語、熟語、文法、英文解釈、長文読解をバランスよく鍛えていきます。9月以降は赤本を用いて発展問題に取り組みます。10月からは赤本と並行して、受験学部の特徴的な問題への対策をとっていきます。 勉強する時、その先のだいたいのチェックポイントが見えていると不安が減り、進みやすいと思います。受講生のみなさんとはこれからの学習の道程を共有しているところです。自分の目標を明確にし、それを達成するためにクリアしておくべき細かい項目と期限を決め、ひとつずつ確実にこなしていきましょう! ■演習用確認テスト みなさんは前の学年で習った内容をしっかり理解できていますか?学校の授業は前の学年でやった内容は理解できている、という前提で 進んでいきますので、まだ押さえられていない内容等あれば、今のうちに復習をしておきましょう。 シンカライナーでは「Exercise」という演習用の問題集を準備しています。学年別、教科別(中学/英語、国語、数学 高校/国語)プリントがファイリングしてありますので、それぞれの学年、レベルに合わせて適宜コピーし、使っていただきたいと思います。英語に関しては、授業のなかでその単元をコンパクトにまとめた確認テストを解いてもらい、自分が把握できていない部分を確認していただいています。今の自分の実力を確認したい、また予習に使いたいなど、いろいろな使い方ができると思いますのでぜひ活用してください。 ◯「教育」耳寄り情報 ■アクティブ・ラーニング① みなさんは「アクティブ・ラーニング」という言葉に、どのようなイメージを持っているでしょうか?実際にお子さんが通っている学校でそのような授業が実践されていて、アクティブ・ラーニングについてお子さんとよく話されるという方もいれば、中身についてはよく知らないという方もいらっしゃるかもしれません。 近年注目されているアクティブ・ラーニング。さまざまなメディアで特集されたり、話題になったりすることも多い一方、そのイメージだけが一人歩きしている感じもします。 そこで複数回にわたり、このアクティブ・ラーニングという学び方についてまとめ、みなさんといっしょに考えていけたらと思います。 そもそも、アクティブ・ラーニングという学びの方法は何を目的としているのでしょうか? この学びについて研究をしているマナビラボ(東京大学総合教育研究センターが中心となり進めているプロジェクト)は、これからの社会を生きていくための人材として、「アクティブ・ラーナー」というという学習者像を掲げています。アクティブ・ラーナーとは、「主体的に自らの学びを切りひらく人」「自分自身が学んだことを自ら意味づけできる人」を指します。学校を卒業して社会に出ても、学ぶことを放棄せず、自分の人生としっかり向き合い、キャリアを意味付けていくことのできる人材がアクティブ・ラーナーです。そして、こうしたスキルを身につけるための学習機会のひとつがアクティブ・ラーニングということになります。 では、今変化しつつある21世紀の社会においては、どのようなスキルが求められているのでしょうか?これからの時代に求められる能力やスキルについて考察した研究者のグリフィンらは、「21世紀型スキル」として、次の10項目を挙げています。 【思考の方法】①創造性とイノベーション ②批判的思考、問題解決、意思決定 ③学び方の学習、メタ認知(自分の思考や行動自体を客観的に把握し、認知すること) 【働き方】④コミュニケーション ⑤コラボレーション(チームワーク) 【働く上で必要となるツール】⑥情報リテラシー ⑦ICTリテラシー(情報通信) 【世界と関わりながら生きる】⑧市民性(地域で発揮するものと、国際的に発揮するもの) ⑨人生やキャリアについての自覚や設定 ⑩個人の責任と社会的責任(異文化理解と異文化適応能力を含む) これらのスキルは、教師が講義を行い、生徒は予習・復習をしながら授業をきく、という従来の授業パターンでは身につけることがむずかしい。ということで、近年注目を浴びているのがアクティブ・ラーニングなのです。次回は、この学びのなかでは実際にどのようなことを行うのか、それによって生徒はどのようなことを学んでいるのかをまとめていきたいと思います。 参考文献:山辺恵里子・木村充・中原淳(2017)『ひとはもともとアクティブ・ラーナー!』北大路書房 ◯今月の一言 成果が出ない時こそ、不安がらずに、恐れずに、迷わずに一歩一歩進めるかどうかが、成長の分岐点。 ——羽生善治(棋士)

2018-02-16T12:20:17+00:002017年6月2日|

勉強って何だろうね。

こんにちは、シンカライナーの宇野です。 久々のブログの更新です。 今日は「勉強とは何か」を考えてみたいと思います。 まず、一般的な学生時代の「受験勉強」と大人になってからの「実践的な勉強」の違い。 受験・学校の勉強 「高得点を取ることが重要」 ・知識量が大きなウエイトを占める ・科目ごとの「点数を取る」勉強 ・平等な正解が存在する 大人の実践的な勉強 「何のために勉強するかが重要」 ・知識量は大きな問題ではない ・共通の科目や点数は存在しない ・平等な正解は存在しない (引用:EIWA BOOK 最強の勉強術) みなさん、この違いを見てどう思われますか? 僕はこれ見て、こんな風に考えるから「受験・学校の勉強」って面白くないんだな、と思ってしまいます(笑)これだと一体誰のための、何のための勉強かわからなくなって当然ですよね。 一方で「目的」ありきの実践的な勉強も、視野が広がるようで、「役に立ちそうにないことは勉強しない」というのはちょっと寂しい気もしますね。 なんだかわからないけど、気になった本を読んでいて、偶然面白さを発見するということは往々にしてあることだと思うので。 そこでもっと本質的な「勉強」って何だろうな、と考えてみました。 なかなか難しい問いですが、「料理」に例えてみると分かりやすいかもしれない。 なぜ、料理をするのか、それは「空腹」を満たすため。人間の生存本能ですよね。自分の空腹かもしれないし、あるいは他者の空腹かもしれません。 空腹を満たすためには、まず地球上にあるものから「食べられるもの」を知らなきゃいけない。そして次に調理するための道具の使い方を学ぶ。 具材と道具が揃えば、ひとまず料理は形にはなって空腹は満たすことができる。 でも、僕らはここで満足はしない。空腹を満たせるようになってくるうちに、もっと栄養価の高いもの、もっと美味しいものを食べたいという欲求が湧いてくる。 想像力を使っていろんな組み合わせを考えて、とにかく試してみる。食べて健康になれたり、美味しくできたりすると嬉しいから、その欲求はどんどん加速する。 そのうち「料理がうまい!」ってことで人気者になって、場を共有できる仲間も増えてくる。そうすると欲求を満たすこともそうだけど、美味しいものを作ろうとする、そのプロセスがどんどん楽しくなってくる。 ・・・多分、勉強もそういうことなんじゃないか、と思うんだけど伝わったかな? ちょっとわかりにくかったかもしれない(笑) つまり「学ぶ」ということは、人間にとっての生存本能なんだけど、「人生をより味わいたい」という欲求は終わりのないものなんですね。 だから人は学び続ける。そして、「学び」を通して成果が生まれるともちろん嬉しいし、試行錯誤を繰り返していくそのプロセスで仲間も増えて、どんどん楽しくなってくる。 だから本来「勉強」って楽しくてワクワクするもの、なはずで学校や塾が勉強のワクワク感を殺してしまっているのであれば、それは残念なことですよね。 もっとワクワクするまなび場を創りたいな〜、と思います!! では今日はこれで!                              

2017-06-02T10:33:59+00:002017年6月2日|